Hさん体験談・他

ここでは、「Hさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたHさんの体験談(2010年8月28日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

***********


今回は、セッションを受けられているHさんから、体験セッションから、4回目のセッションまでの感想を頂きましたので、ご承諾を得て、ご紹介させて頂きます。

Hさんをご紹介頂いた体験談③のYUさん曰く、すごく変わったとのこと(元気になった等)。
本人の自覚は、まだそれほどでもありませんが、セッションで確認すると確実に変化していることを理解されています。

では、ご紹介していきます。

★体験セッション(7月20日)

久々に瞑想に取り組みました。
はじめはかなり頭でごにょごにょとマインドが煩い。
だんだんと静かにはなりましたが
はじめのマインドの抵抗はすごかったのではないかと
今になっては思います。

ただただ、無空さんに集中するので精一杯でした。
直後は清々しく気持ちが良かったのですが
翌日は無性にイライラとして仕事が進まなかったです。

(無空:浄化のパターンとして、イライラや怒り、または、無気力感、眠気などはよく出てきます。)

今後の目標は「自分を愛する」こと。
利他の精神を持ち合わせない私ですので、
まずは自他共に幸せになれることを目指したいと思いこの目標にしました。


★1回目(7月27日)

1週間ぶりでまた前回と同じくらいかな?と思いきや、
無空さんのおかげでだいぶ早くマインドが静かになった。

(無空:セッションを重ねる度に、どんどん共鳴がよくなっています。
ブログ開始前から、セッションを受けられているayaさんも、最近、また受け取りやすくなってきたとのこと。
共鳴の度合いというのも、どんどん微細に変化していきます。)

静かといっても、共鳴している最中もマインドはおしゃべりを続ける。
ただそれに引っ張られない自分に気付いてきたというだけで
「空」にはまだまだ程遠いのだろう。

アイコンタクトをしているときに
体が熱くなってきたと同時に、深くなるほどに体が重たく感じた。

今日なかなか集中できなかった要因?として
うちの家族、猫の「ぐぅちゃん」が部屋に入ってきて(普段は入ってこない)

(無空:動物などは、心地よい穏やかな愛の波動に敏感です。)

わたしの視界でごろごろとし、写真のような格好で足をぴくぴくさせていて笑ってしま
った。

猫のぐぅちゃん


(無空:すべての探求者に送るサレンダー(明け渡し)状態の見本のようなものですね(笑)。)

無空さんに話すと
「部屋のエネルギーが上がっていて猫ちゃんもそれを感じているのでは?」と。

警戒心の強いぐぅちゃんがこの格好をするのは珍しいので
セッション後に写真をとってしまいました。


★2回目(8月2日)

もともと非常に面倒くさがりのわたし。
家事など面倒くさいと感じて後回しにしてしまうとの相談に
「その意識(共鳴している時の)でやると体が勝手にやってくれるよ」との
アドバイスを頂いた。

それから「面倒くさい」と思ったり、体調が良くないとき、
マインドが煩くなる前に意識をする練習をしてみました。
意識することも忘れて痛みにどっぷり使ってしまうことも多いですが
痛みと感情に振り回される癖がありますので
「気付く」練習と思い、これからも取り組んで行こうと思いました。


★3回目(8月9日)

共鳴をはじめるとだいぶ早く深くなってきた。
しらないうちに「重い」と感じていた体の感覚が邪魔ではなくなり
「軽い」をいうか「感じなく」なってきたのに驚いた。

まだ「至福感」ほどには感じないが
「楽チン♪」「楽しい♪」「このままで居たい」という気持ちが出てきた。

(無空:究極にシンプルなただ在る・純粋意識・空の状態・愛の状態でいると、楽だ、幸せな感じがするというのは他の方々もおっしゃています。)

★4回目

「集中していること」と「深くはいっている」とは微妙に違うことを知った。
わたしは「集中できてない」=「深くない」と思ってましたが
どうも違うらしいのです。
まだ自分では違いがわかりませんが・・・

(マインドが煩くない、だけど自分が集中していなかったのですが
無空さんには「深くはいっているね」と言われて不思議に思い訊いてみました。)

(無空:よりクリアになっていくと、自分でも感覚的に分ってきます。)


ハートの共鳴で初めて、胸のあたりがじわ~っと温かくなった。

いまだに「今に在る」という感覚が掴めていないのでご相談。
「今に」と「在る」と二つになってしまうと難しくなるので
ただ「在る」と思って大丈夫ですよとのこと。

(無空:エックハルト・トールさんの本から、「今に在る」ということを意識しようとされたみたいですが、「今に在る」だと、誰が今に在るのか、ということになってしまい、個人感覚が落ちにくい場合があります。本当の自分とは、今そのものであり、在るそのものでもあります。)

そうアドバイスを受け
自分は時間・空間の感覚にとても縛られているなぁ、と気付かせて頂きました。

「いまの状態がそうですよ」と無空さんに言われるとわかりますが
自分ではまだ気付けないので頭での理解だけでなく
もっと経験を積んで、気付けるようになりたいです。

この「在る」感覚、これをいろんな人にお分けできたらいいなと思いました。
まずは自分がクリアにならなくてはいけませんね。


それと、わたしは痛みや感情に振り回されるのは
わたしが意識的にならないようにマインドにコントロールされている、という
根本的なことに気付きました。
邪魔されてる、ということを知らなかったって・・・(汗)
今更・・・ですが、わたしにとっては大きな気付きでした。

惑わされずに「淡々と」 やるべきことをやる。
頭で考えた言葉ではなく、ハートから出る言葉を発する。

また中間目標ができたという感じで
今回は気付きが多くとても勉強になりました。
いつも時間を共有してくださり有難う御座います。