K.M(のびのび)さん体験談・他

ここでは、「K.M(のびのび)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第423回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「それだけが在る=全肯定」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「ただひとつであるものそのもの」を感じました。
>
> 瞑想では、「在るがまま」、「全肯定」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「在るがまま」、「全肯定」、「自然」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「広がりそのもの」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「在るがまま」、「自然」を感じました。

今回は、全肯定等の質がとても大きく開かれ、純度もとても高い素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 数週間前に、ある状況において、立ち位置のずれに気づいた体験があったのですが、
>
> 今週、また同じような状況が起こり、その中で、
>
> そのずれがしっかりと修正されているのが実感でき、とてもうれしかったです。

気づきの力の修正力、本当に素晴らしいですね。

そして、在り方、立ち位置の精度がとても高いと感じます。
>
>
>
> それから、在るの理解と気づきが、より確かなものになってきているのを実感しています。
>
> 在るの在り方が、自身から起こる表現にもより自然に反映しているのを感じています。
>
> 理解と気づきが浸透した全肯定の世界は、穏やかです。
>
> 成熟、成長を実感しています。

真の力強さを感じます。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第422回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「愛のまなざしそのもの」を感じました。

> アイコンタクトでは、「愛であること」を感じました。
>
> 瞑想では、「楽、リラックス」、「源」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「“全肯定、愛”が溢れている」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「“全肯定、愛”そのもの」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「“全肯定、愛”が溢れ出たがっている」を感じました。

今回は、全肯定の愛が素晴らしく開かれ、生き生きと実在していた素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 全肯定という愛が、一瞬にして、すべてを溶かす、ということを実感しています。
>
> 一瞬にして、見え方が変わります。
>
> 一瞬にして、すべてがリラックスします。
>
> そして、愛が、すべてを貫いているのを感じます。

素晴らしいですね。

ひとつであるもの(全肯定の愛)の視点が、すべてを溶かし、すべてをひとつに帰します。

そこには、愛だけが在ります。
>
>
>
> 何をするかではなく、どう在るかが大切。
>
> 姿勢、態度、在り方が大切。
>
> それだけが大切。
>
>
>
> どう在りたいかがすべてを決める。
>
> そこに戻り続ける。
>
>
>
> 未熟さにたくさん気づいています。
>
> そして、一歩一歩、成長しているのを感じています。

成長、成熟が進んでいるからこそ、以前は、そう感じなかったところ、気づかなったところが未熟と感じられたり、気づかれたりします。

そのことにより、さらにトータルな成熟、成長が促され、無限の更新が続いていきます。

現れを通しての成長、拡大、深まりは、存在の比類なきよろこびです。>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第421回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「全肯定、在るがまま」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「愛、全肯定、全受容」を感じました。
>
> 瞑想では、「愛=ただ気づいている」、「愛=愛に戻る力」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「ただ気づいているという立ち位置の方が真」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「全肯定という幸せ」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「ただ起こっている、本当は何も起こっていない」を感じました。

今回は、共鳴前に、全肯定についてのお話しが起こっていたこともあり、在るの全肯定という質、在り方が素晴らしく開かれ、活性化していましたね。
そして、それとともに、全体がより開かれ、深まった素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> とらわれに気づいています。
>
> 以前に比べて、とらわれのポイントに、より的確に気づけるようになっているのを感じます。

素晴らしいですね。
よりクリアに在れている、より在るがままで在れているからこその的確さとも言えますね。
>
> “気づいたら、在るに戻る”を繰り返し、より自然でありたいです。

本質、根源である在るに戻ることを繰り返していくことにより、様々なとらわれから解放され、自発的に、真の自然さが現れてきます。
>
>
>
> それから、“全肯定”という質に、より意識的であろうという思いが起こっています。
>
> ただ起こっている、ただ起こっていく。
>
> 愛であり続けたいと思います。

素晴らしい姿勢、在り方ですね。

意識的であることにより、その質、在り方がより開かれ、活性化し、実現していきます。

全肯定である愛のさらなる実現ですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第420回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「純粋そのもの」、「清らかさそのもの」、「源」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「何もつかんでいない」を感じました。
>
> 瞑想では、言葉にするのが難しい感じでした。
>
> ハートの共鳴では、「やさしさそのもの」、「気づきそのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「空っぽであり、純粋」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「ただ在る=愛」を感じました。

今回も、全体的に、とても純度が高く、シンプルな在り方の中にすべてある在るの在り方をとてもよく感じ取られていましたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 今週は、夫とのやりとりの中で、マインドの未熟さに気づきました。
>
> 何か素晴らしい考えに出会ったりすると、すぐにそれをつかんで、それに縛られてしまいます。
>
> また、「すべては同等」ということを忘れて、考えを押し付けたりしてしまいます。

この世界に現れるものは、どんな素晴らしいものでも、そこに焦点を当てることにより、他が見えなくなります。
そして、そこに付随、追随して起こってくる思いなども様々にあります。

そのような性質や、世界の創られ方などを理解し、在りましょう。
>
> 在るに戻るだけ。
>
> それを丁寧に繰り返していこうと改めて強く感じています。

はい、それが一番ですね。

起こるものを起こらせ、そして、また、創造の源に戻る、
全肯定、すべてよし、である愛、在る、全体性に戻る、

そこからまた、全体に、今、必要なこと、愛が形をとって、起こっていきます。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第419回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「マインドの強力な力と在るのすべてを溶かし、整え、包み込む偉大な力は、同じ大きな力でも全く別のものである。在るは、マインドの強力な力も溶かす。」を感じました。

はい、在るは、マインドの強力な力を生んだ根源であり、現れにおける最も大きな力よりもさらに強く、すべてを溶かしていきます。

その力は、ある意味、別次元から作用するとも言えますし、また、現れにおける最も微細なものよりもさらに微細、精妙であり、現れにおけるどんなものも分解、整理、再統合していきます。
>
> アイコンタクトでは、「個人はとらわれる、愛はとらわれない。愛から個人のように見えるものも起こるので、現れだけでは分からない。個人を通して、愛がより愛になっていく」を感じました。

愛(在る)の在り方、時空、そして、時空で展開するすべてを、時空を超えて貫いているものをよく感じ取られていますね。
>
> 瞑想では、「愛が愛であろうとする力そのもの」、「愛であれることのよろこび」を感じました。

真なるところをよく感じ取られていますね。
>
> ハートの共鳴では、「愛はこの上なく美しい」を感じました。

はい。
>
> 立場を変えての共鳴では、「愛として在る」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「愛はただ在るだけ」を感じました。

在るだけで、あるいは、それで在ることで、すべてを為(成す、生す)します。

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> “ただそうである”という無条件の肯定、受容の立ち位置に戻ることを繰り返しています。
>
> より意識的に、より丁寧に、繰り返しています。
>
> 実践を重ねることにより、理解が深まり、そして、理解が深まることにより、また実践がより確かなものになっていっています。

真なる歩みですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空