K.M(のびのび)さん体験談・他

ここでは、「K.M(のびのび)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第352回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「一元」、「ぶれていない、ずれていない、それそのもの」、「透明」、「スクリーンそのもの」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「それそのもの」、「スクリーンそのもの」、「なにもしていない」を感じました。
>
> 瞑想では、「なにもしていない」、「リラックス」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「真実の厚み」、「調和」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「なにもしていない」、「スクリーンそのもの」、「楽」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「在るとして在る」を感じました。

今回は、本質、真実としての在り方がさらに的確、明確となり、その度合いを増し、

素晴らしく深まり、更新された共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 実践が、より精妙で、より確かなものになっているように感じています。
>
> そして、実践が楽しい、という感じがあります。
>
> 在るがまま度、とらわれない度が増しています。

これは、本当に凄いことですね。

セッション中にもお話しに出ましたが、ゾクチェンの本を再度読まれ、

理解の深まりを確認できたことなどもよかったようですね。


>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第351回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「土台がよりしっかりした感じ」、「すべてを支え、すべてを許し、すべてを包んでいる」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「真実度が強まった感じ、現れは現れであって…」を感じました。
>
> 瞑想では、「沈黙だけが在る」、「本当は何も起こっていない」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「純粋=在るがまま」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「すべてを許している」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「そのまま」を感じました。

今回も本当に素晴らしい共鳴でしたね。

感じられたひとつびとつが、素晴らしく在るの真実(在るという真実)を表現してくれていますね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 理解の深まりにより、より早く、よりしっかりと在るに戻れています。
>
> 影響を受けない度合いも増しています。

深まり、更新が本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> それから、今週は、職場で、同僚に文句を言われる、ということが起こりました。
>
> 反応は起こりましたが、私がしっかりと在ると、彼女の顔がすっと穏やかになったのが分かりました。
>
> そして、適切な対応が起こり、適切に収束していきました。
>
> 彼女からは、
> 「これがプレッシャーだったんですよね。
> (手伝ってくれて、)ありがとうございます。」
> という言葉が起こりました。
>
> この出来事を通して感じたことは、
>
> 「やはり、在れば、自然に、適切な対応が起こり、整っていくんだな。」
>
> ということと、
>
> 彼女に対して、
>
> 「ああだ、こうだではなく、はじめから、『一人でチェックするのは不安だから、手伝ってほしい。』と素直に表現すれば、簡単な話だったのにな。」
>
> ということです。
>
> そして、私もときどき、特に夫に対して、素直になりたくてもなれないことがあるので、今回の出来事で逆の立場に立つことにより、素直であることの大切さを強く実感しました。
>
> そして、「いつも素直に表現したい。」という思いが起こりました。
>
> この出来事の後は、夫に対して、素直な表現が起こっています。
>
> 流れがとてもスムーズなのを感じます。

はい、「素直」というのは、在るの素晴らしい在り方のひとつであり、

その実現により、流れ(在る、在るの在り方)はとてもスムーズなものとなります。

その立場に立った体験(今回で言えば、逆の立場に立った体験)、実感というのは、直接的な理解と変容を促してくれますね。

>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第350回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「平らの厚みそのもの、その平らは無限にやわらかい」を感じました。

さらなる深まり、更新を感じますね。
>
> アイコンタクトでは、「起こっていることに気づいているという愛」、「何が起こっても何の問題もない」を感じました。

在るの愛、在るの在り方ですね。
>
> 瞑想では、「受け容れているそのもの」、「無抵抗そのもの」、「個人=抵抗」を感じました。

受け容れ(そのもの)度合い、無抵抗(そのもの)度合いが本当に素晴らしいですね。
>
> ハートの共鳴では、「透明」、「在るがまま」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「絶対的な正しさそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「在れば、正しい」を感じました。

後半も、素晴らしく本質的で、絶対的なそれでしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> ただひとつであるものであるという視点、理解が、また一歩浸透してきているのを実感しています。

この視点、理解の浸透は、本当に素晴らしいですね。
>
> 分かれてはいない。
>
> 必要なことが起こっている。
>
> 全体として、起こっている。
>
>
>
> 現れに必要なだけとらわれ、そして、現れは流れていきます。
>
> 正しい視点と理解が、真実に戻してくれます。

はい。
>
> 正しく在れれば在れるほど、とれわれや歪みにすぐに気づきます。
>
>
>
> ただ受け容れているもの、
>
> ただ受け容れていくもの、
>
> 幸せであるままに。
>
>
>
> 何が起こっていても、素晴らしい。
>
> 体験に優劣はない。

素晴らしく在る、愛、幸せ、ただひとつであるものが実現がされていますね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第349回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「在るがまま」、「平安」、「幸せ」、「よろこび」、「無抵抗」、「それそのもの」を感じました。

とても自然体で、それそのものでしたね。
>
> アイコンタクトでは、「正されるよろこび」、「無限の可能性そのもの」を感じました。
>
> 瞑想では、「正されたい、真の自己を知りたい、真の自己を実現したい」、「すべては自分自身への愛」、「すべては自然に成されていく」を感じました。

在る(真の自己、真我)の自然本性(愛、知)がさらに開き、活性化してきている感じですね。
>
> ハートの共鳴では、「今という真実」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「本気」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「これ(よろこび)だけが在る」を感じました。

今回は、より自然体の在るがままで、存在として落ち着いた感じの中で、それ自身へのさらなる開かれが起こってきている感じでしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 抵抗に、より微細に気づくようになり、在るがまま度、静寂が増しているのを実感しています。

共鳴でも、そうでしたね。
>
> 平安、幸せ、よろこびも増しています。

開かれた側面すべてが活性化しているようですね。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第348回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「真実はシンプル、自分自身はシンプル」、「真実は一瞬にして、すべてを溶かす」を感じました。

はい、真実には、まさにそのような力がありますね。
>
> アイコンタクトでは、「“する”ではなく、“在る”んだ」を感じました。
>
> 瞑想では、「真の誠実、真のやさしさ、真の愛」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「愛=自分自身」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「自分自身」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「自分自身」を感じました。

「自分自身」を感じること、自覚、自己認識、そして、同時に起こる自己理解。

在る(愛)の自然本性(愛)による最も基本的な在り方であり、最も大事な在り方ですね。

そこからすべてが始まり、そこへすべてが帰っていきます。>
>
>
> 日常では、
>
> “気づいたら戻る”を繰り返しながら、ただひとつであるものである自分自身が、一歩一歩確かなものになっていっているのを感じています。

共鳴でも、その確かさがとても伝わってきました。
>
> 自分自身に戻る。
>
> 自分自身である。
>
> それだけが在る。

はい。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空