S(しみっち)さん体験談・他

ここでは、「S(しみっち)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに掲載させて頂いていたSさんの体験談を移設したものです。

その他のSさんのセッションン体験談に関しましては、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ■セッション体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

なお、現在は、無料での体験セッションは行っておりません。

***********

今回は、先週、無料体験セッションを受けられましたSさんから感想を頂きましたので、ご承諾を得て、紹介させて頂きます。

(無空庵第一ブログ2010年7月10日掲載分)

こんばんは
Sです(*^▽^*)

遅くなりましたが、先週の無料体験セッションの感想とその後の変化の報告です。

セッションが始まる前は緊張しておりましたが、無空さんのなんともいえない自然な普通さ?ぐあいに、自然と安心感を覚え、力まずにセッションを受けることができました。

他のところのワークなどでは、何かと意図的に背筋を伸ばし瞑想の姿勢をとったりしていましたが、無空さんのゼロ意識共鳴セッションは、なんら特別なこともせず話しの流れのまま、ふと始まった、というより、始まっていたので(笑)、構える隙もなく感じていました。

しばらくすると、ハートを中心に内側から、暖かくて優しくて、それでいて圧があるような微細な感覚が出て来ていることに気付き、それは身体の大きさを超えて、広がっているように感じられました。
すぐにその状態について解説していただけたので、とらわれることなく、ただただ感じ続けました。

するとその感じの中に、とても冷静にただ見ているような要素も同時にあることが感じられました。

それに意識を向けていると、その感じが強くなり、自分の身体が、自分ではないような感じになってきました。

無空さんの言う通り、その「感じ」は特別なものでもなく矛盾したものを同時に内包しただあるのでした。
しかし同時に、この身体は今まで通りなんら変わらずあって、いままでの習慣や癖の動きを引き続きしているので、とても不思議な感覚でした。

次にアイコンタクトを始めると、急にさっきの感覚がわからなくなり、「あら?わからなくなっちゃったぞ」と思ったのですが、それ以上なんにも考えられないような状態になりました。

これもあまりに何でもなくそうだったので、無空さんに「空を感じているんですね」と言っていただいて、ああっこれか~と気付いた次第でした。

「何もなく、だからすべてが内包されている」と教えていただいて、「ああ本当だ、確かにそんな感じだ~」とわかるのでした。

無空さんの言う通り「何でもなさすぎてあやうく気付かないままやり過ごしてしまう」ところでした。

しかし、これを自分だけで気付くのは至難の技ですね。
偶然に任せるしかないような気付きですね。
師が必要なわけが痛感されます。


にしても、これを感じている間は、色んなところで言われている悟りについての表現のすべてが「ああ、これを言葉にするならそう言うしかないよなぁ」と、有無を言わさずわかるのでした。

逆に、言葉でいくら表現したってわかるわけないよなぁ、といきなり悟った側の視点でした。

今思いかえすと、すごいことですね(笑)。でも、すごいことにしたいのはマインドなんでしょうね。


ぼくは元々うまく言葉にできないことが多いですが、
このときは本当に「ああ~」「なるほどぉ」という言葉を繰り返すことしか出てきませんでした。

マインド側の自分としては「すごく特別な体験ができて感動したい」はずなのに、なにしろそこですべてが完結してしまっていて、ただあって、ただそうで、「はい以上、終わり」って具合なもんだから、逆に涙も出ません(笑)。

ただ「ああ‥そうか‥。」なのでした。
泣く意味がないというか、マインド側の自分(だと思っていたもの)に意味や価値を感じないのです。


終わり際にお話しをしてから、「では最後にまた意識を向けときましょうか」と言われ、あらたまって姿勢を整えようとしたところ、その必要がないことをご指摘いただきましたが、これもマインドの動きなんでしょうね。
それはいつも条件なくずっとあるんですもんね。


その後、日常の中で意識を向けたりしてましたが、
まだひとりでは感じが薄れてしまって、どこか「求めて」しまう感じになりがちでした。
まだ体験セッションだけですから当然でなんでしょうが、うまく意識を向れず、感じようと「求めて」しまうことが多いです。

初めはよくわからないまま、どうすれば思い出せるのかなぁとか心が働きだして、でもそれにもなんか違和感を感じたので、「あ、なんか今自分は求めてることをしてるのかも」と気付いたんですが。

これってごちゃごちゃやりだすと、どんどん遠ざかるんでしょうね(^_^;)
今まで思考ぐせがあったので、それはもう避けたいところです。


無空さんのブログを読んでみて「リラックスしてなんとなく向ける」とあったので、それをすると一番感じを取り戻せるように思います。


日常で空の状態でいれないにしても、ちょっとした変化はありました。
「本当の自分は今も背後にいて、こちらの身体の自分は勝手に動いてる仮のもの」という体験が、なんとなくでも頭の片隅に残っているようで、ふといつもなら迷ったりこだわったりしてたことが
些細でたいしたことない、どうでもよいことだと「まんま流す」ことができる時が時折ありました。

前と変わらす身体や感情は焦ったり緊張したりはしてるんですが
それ自体がどうでもよい、どうにかする必要がないという思いが片隅にあるんです。

これから3ヶ月の間でどんな風に変わっていくのか楽しみです。

明日のセッションも楽しみにしております。

明日もよろしくお願いします(*^-^*)