S.K(虹子)さん体験談・他

ここでは、「S.K(虹子)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに掲載させて頂いていたS.Kさんの体験談を移設したものです。

その他のS.Kさんのセッションン体験談に関しましては、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ■セッション体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

なお、現在は、無料での体験セッションは行っておりません。

***********

今回は、先日、無料体験セッションを受けられましたS.Kさんから、セッションの体験報告メールを頂きましたので、無空返信分と合わせて、ご本のご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。

(無空庵第一ブログ2010年7月7日掲載分)

無空さま

昨日は体験セッションをありがとうございました(^-^)

昨日の感想ですが、無空さんと意識を合わせると、今の自分が自分じゃないような感じがして、
新しく感じた自分が新しいのに知ってるような懐かしいような感じでした。

意識を合わせるにつれて、いろんなものと一体になるような、自分が溶けてなくなるような、
でも存在している感じで、
さらに、どんどん広がっていって、どこまでも果てがなく広がる感じがして、
在るのになくて、ないのに在って、ないすら超えた感じになって、このあたりから言葉で表現しきれなくなりました(笑)。

また、広がりを感じていると、すでにその大きさが在って、でも、大きくなくて、とても微細にあちこちに在って、どこにでも在るのに、でもないような。
時間が止まったような感じがしました。

どんどん自分が静かで穏やかになってきて、この感じが本来の自分?かなぁと感じていたら、今までの自分に違和感を感じましたが、
だからと言って違和感の自分がなくなるのも淋しいような気もしてきました。
後半になると、ぼ~っして、だんだん言葉が出なくなりました。

セッションが終わってから、さっきの感覚を感じていたら、いつの間にか眠っていました。

今日は朝から穏やかな感じで過ごせました。

ありがとうございました。

S.K


無空返信:

S.Kさま

メールありがとうございました。

では、頂いたメールに返信していきます。


> 昨日の感想ですが、無空さんと意識を合わせると、今の自分が自分じゃないような感じがして、
> 新しく感じた自分が新しいのに知ってるような懐かしいような感じでした。

空・真我は、個人を超えており、個人の属性を持っていません。
とても純粋で、混じりけなしです。

でも、それは個人であったとき(個人に巻き込まれていたとき)から在ったものでもあります。

そしてそれは、時間を超えていて、今そのものでもあり、過去を持っていませんので、常に新しく新鮮です。

(それ自身に対して、具体的に何かを既に知っているということが何もない状態。未知の状態。)

また、同時にそれは、本当の自分でもありますので、ふるさとに帰ったような懐かしさ、自然さなどもありますね。


> 意識を合わせるにつれて、いろんなものと一体になるような、自分が溶けてなくなるような、

共鳴しながら、全てを分離していたマインドが落ちていくと、そうなっていきます。


> でも存在している感じで、

この形無き存在感そのものが、本当のS.Kさんです。


> さらに、どんどん広がっていって、どこまでも果てがなく広がる感じがして、

それ(真我・空)は広大さそのものでもあります。
無限の広がりです。


> 在るのになくて、ないのに在って、ないすら超えた感じになって、このあたりから言葉で表現しきれなくなりました(笑)。

体験している者が体験の対象とひとつになり、それそのものとなっているとき、超えた感じになりますね。

初回からとても深いところまで入っていきましたね。
素晴らしいです。
そうです。そこはマインドでは入り込めない、言葉で表現することができないとても神聖な領域です。


> また、広がりを感じていると、すでにその大きさが在って、でも、大きくなくて、とても微細にあちこちに在って、どこにでも在るのに、でもないような。
> 時間が止まったような感じがしました。

インドのヴェーダという文献の中に、真我について、「それは最も大きなものよりも大きく、最も小さなものよりも小さい」、というような表現があります。

まさに、それを体験した、という感じですね。

「真理を見た」と言ってもいいですね。

ですから、「見者」という表記の仕方もあるんですね。

とてもよく捉えられています。
以前、ブログの中で紹介した「覚醒・至高体験事例集」などにも載せられそうですね(笑)。

空を深く知る人にはとてもよく分る文章です。
空・真我は、あらゆる矛盾を矛盾無く内包し、そしてそれらを超えて、ただ存在しています。


> どんどん自分が静かで穏やかになってきて、この感じが本来の自分?かなぁと感じていたら、今までの自分に違和感を感じましたが、

真我・本当の自分とは、今まで自分と思っていた個人とは、全く別ものです。


> だからと言って違和感の自分がなくなるのも淋しいような気もしてきました。

空・真我を体験した時、または、そちらにシフトしだした時に、起こってくる個人・エゴ・マインド側の自然な反応ですね。
それ(空・真我)を自分のペースで受け入れていくことにより、自然にシフトして行きます。


> 後半になると、ぼ~っして、だんだん言葉が出なくなりました。

空に呑み込まれ(溶けて)、思考も起こらなくなってきた状態ですね。


> セッションが終わってから、さっきの感覚を感じていたら、いつの間にか眠っていました。

セッション中は、ぼ~っとしていても共鳴しているので、意識は保てますが(私が寝ない限り(笑))、
一人で意識を保ったまま、その状態をキープするのは最初は難しいかもしれませんね。


> 今日は朝から穏やかな感じで過ごせました。

穏やかというのは、空の一つの側面でもあり、また、ある意味、究極の状態でもありますので、セッション効果が続いていたということですね。


> ありがとうございました。

無料体験から素晴らしいスタートです。
これからが楽しみですね。

では、また金曜日に。

無空