hunaさん体験談・他

ここでは、「hunaさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたhunaさんの体験談(2015年10月29日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のhunaさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているhunaさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

hunaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> いつもありがとうございます。久しぶりに感想を送りますね。
>
> 最初の共鳴では、安定した感じ。
>
> アイコンタクトでは、目を閉じると在るだけなのが分かりやすい。個人の私の観察点の始まりはどこかなと探す。
>
> 目を閉じてでは、
> 足がかなりしびれていたので、そのしびれている感にしっかり目に意識を向ける。
> すると在るの中の波であることがわかる。

在るの視点、立ち位置ですね。
>
> ハートの共鳴以降は忘れました。
>
> 半年前に送った感想の前回分を自分で読んでみたのですが、在るそのものですか?と聞かれたときに、今なら何て答えるかな〜と思いました。
> 世界は在るで出来ている。在るの中に私という視点の世界が広がっている。という感じが近いです。私は世界を見るための窓という印象です。
> だけど共鳴中に私の観察点を探すと、それはただ起きていることが分かります。
> この分かるのは誰なのか?と思いました。
>
> 今のところは、私という人はいなくて分かるということが起きている。その起きている波が収まると存在の状態の在るに還る。という感じの理解です。

今の在るがまま、感じられたまま、観えたまま、そのままのとてもよい理解ですね。
>
> 以前は在るは知ってるけど、個人から眺めてたので、どこか遠く、一体感はありませんでした。
> 今は個人として暮らしているのですが、在るであり、世界を包み込むものという見方を同時にしています。
> 半年前と比べると理解は変わっているように思いました。

そうですね。
在る(本質としての在る)の浸透、あるいは、源(本質)と現れ(個人や世界等起こっているもの、波)の統合が進んでいますね。
>
> それでは次回もよろしくお願い致します。
>
> huna

こちらこそよろしくお願い致します。

無空