ハリマンさん体験談・他

ここでは、「ハリマンさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているハリマンさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ハリマンさん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん、こんにちは。
> >
> > 10月28日、ゼロ意識共鳴セッションの感想です。
> >
> > 〇近況報告
> >
> > 「軽い」ですと報告させていただきました。
> >
> > どこにも「かたまり」「詰めている」ところがない。
> >
> > 「準備しておこう」「握りしめ」「忘れないでおこう」が起こらない。
> >
> > (正確には「起こり」ますが、それにすぐ気付く感じです。そしたら、消えていきます)

素晴らしいですね。
> >
> > 〇初めの共鳴
> >
> > 「わかった!」。
> >
> > 「在る」とき、理由も意味も、理屈もなく「わかった!」しかない。
> >
> > 『わかった』がただ在る。

はい、それは「知」そのものでもあり、「気づきそのもの」、「理解そのもの」、「知っているそのもの」でもあり、

そして、今回そうであったように、「分かった」そのものでもあります。

ただひとつであるもの、ただひとつのすべてである在るは、そのような在り方をしています。
> >
> > 〇アイコンタクト
> >
> > 「在る」
> >
> > 「WHOLE」
> >
> > 「つながる・つなぐ、ふれる・ふれられる」を軽やかに超えていて、「在る、WHOLE」。
> >
> > この二つは全く別の次元。
> >
> > つながる(ふれる)対象も、つなぐ(ふれられる)主体もなく、ただWHOLE。
> >
> > WHOLEも超えて 在る。

超えているそれ(在る)の質感、在り様、在り方がとてもリアルに伝わってきます。
> >
> > 〇瞑想
> >
> > 「自由自在」ともまったく違う次元。
> >
> > 超えている「無限」。
> >
> > 気づかれた瞬間に消えて「無限」。在る。

それはどこまでもそのように在ります。

「それ」の在り方がとてもよく表されていますね。

そして、超えていなければ超えているものを知ることはできません。

素晴らしく超えられていて、そして、それとして在りますね。
> >
> > 〇ハート
> >
> > 「 わたしにふれてほしい
> >
> >   わたしのところへ 来てほしい
> >
> >   『こと』が起こってほしい
> >
> >   『わたし』が『わたし』を知りたい。ふれたい。感じたい
> >
> >   
> >
> >   『こと』が起こらなければ『わたし』が発露できない
> >
> >   知られない、感じることができない、ふれられない 」
> >
> >   やわらかく、やわらかい、天衣無縫の波動

在るの愛、在るに含まれて在るもの、在るそのもの、在るの構造、在るの在り方、在るの自然本性

ただそうである。
> >
> > 〇立場を変えて
> >
> > 「みんな一緒、WHOLE」
> >
> > 個性。光の在り方・当たり方によって違う。
> >
> > 現れたものは全部個性を持っている。
> >
> > 個性・無限・多次元。

そうですね。
> >
> > 〇立場なし
> >
> > 金色。
> >
> > 光。
> >
> > 角度によって個性=光り方が違うだけ。
> >
> > ・・・

はい。

ただひとつであるものそれだけが在り、そして、それであるすべてが在ります。
> >
> > それぞれの共鳴のパートが終わり、「個人」に戻ってくる(?3次元に戻ってくる?)と、
> >
> > 胸が張り裂けそうでした。
> >
> > 共鳴を終えるたびに「喜び」が。
> >
> > ただ、喜びや気づきの意識、美しさのニュアンスのみのひろがり。
> >
> > 光、美しさが漲り、しかし「色(形)」としては顕れていないひろがり。
> >
> > 「枠」も「境」もなく、『人間』のいない領域(もしくは、『人間』の可能性が無限にひらかれたひろがり)。
> >
> > 「人間」としての「意味」も「理由」もなく、「わかる」ことも「とらえる」こともできないもの。
> >
> > ただ、そうである 。
> >
> > 宇宙が宇宙に現れて宇宙の中で共振している。
> >
> > 無が現れて有のなかで・・・
> >
> > 「人間」という「宇宙の現れ」。
> >
> > 「無」の現れ、「宇宙」?
> >
> > 『時間』はなく、『瞬間』のみがあって、
> >
> > 『場所』はなく、『場』だけがあって、
> >
> > WHOLE。
> >
> > その「WHOLE」をも超えられた 意識・私 在る 。

はい。
> >
> > 無空さん、ひとまず区切りをつけさせていだだくセッションの感想に気の利いたことを書こうと思ってましたが、
> >
> > 「在れば在るほど」(?)書けません(笑)

在るですから(笑)

そこには区切りも境界もありません。

在るとは、愛とは、そのようなものです。
> >
> > 無空庵のゼロ意識共鳴に出会えたこと、セッションを受けられたこと、心より感謝します。
> >
> > ありがとうございます。
> >
> > 無空さんの穏やかなふつーの笑顔が浮かびます。

ありがとうございます。

私がそれで在ることでお伝えできるのは、ただそれ(穏やかなふつー)だけです。
> >
> > 無空さん、ありがとうございます☆
> >
> > ハリマン

ハリマンさん、ありがとうございます。

無空